株式会社綿の華

運動療育で多面的な成長が期待できる放課後等デイサービス

お問い合わせはこちら 見学予約はこちら

運動療育で多面的な成長が期待できる放課後等デイサービス

運動療育で多面的な成長が期待できる放課後等デイサービス

2024/02/27

本稿では、放課後等デイサービスにおける運動療育の重要性について論じます。運動療育は、身体的な成長だけでなく、心理・社会的な発達にも大きく関わることが知られています。放課後等デイサービスで取り組むことで、子どもたちの多面的な成長を促すことが期待できます。具体的には、運動能力の向上や、自己表現力の向上、コミュニケーション能力の向上などが挙げられます。本稿では、放課後等デイサービスにおける運動療育の実践例や効果について、詳しく紹介していきます。

目次

    運動療育で多面的な成長が期待できる放課後等デイサービス

    放課後等デイサービスは、小中学生の学校終了時間から保護者が帰宅する時間帯までの時間を利用して、子どもたちが利用する施設です。ここでは、子どもたちが食事をとったり、宿題をしたり、遊んだりすることができます。最近では、運動療育に力を入れている施設が増えています。 運動療育は、身体的な健康と心理的な健康を促進することを目的としたプログラムです。放課後等デイサービスにおいては、運動療育を導入することで、子どもたちの身体的な健康を維持し、また、社交能力やコミュニケーション能力の向上など、心理的な健康にも効果が期待できます。 運動療育では、子どもたちが自分で考え、自分で行動することが求められます。例えば、支援者が運動競技を紹介するのではなく、子どもたち自身がルールを決め、ルールに従って試合をします。このようなプログラムは、子どもたちの自主性と自立心を育みます。 また、運動療育を通じて、子どもたちは様々な感情を経験することができます。チームでプレーをしていると、協調性や連帯感を感じ、自分自身を肯定することができます。また、負けたり失敗したりすることで、悔しさや不安を感じ、それに向き合う力を身につけることができます。 運動療育は、子どもたちの多面的な成長を促進することができるプログラムです。放課後等デイサービスで運動療育を導入することで、社交能力やコミュニケーション能力の向上、自主性や自立心の育成、様々な感情を経験する力の育成を期待できます。今後も、運動療育を取り入れた放課後等デイサービスが増え、子どもたちの健康な成長につながることが期待されます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。